ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回の記事で書いたとおり
バイクで遠出するときには、めいっぱい休憩します。
高速なら100kmに1回くらいSAに止まってもらいます。
なぜって、もちろん眠たくなるからです

この睡魔対策は
いつでもどこでも眠れるわたしにはとても重要。
だけど、バイクの後ろはひときわ眠たくなるような・・・。

そこで、わたしがしている「睡魔対策」は

① motofizz ヘルメットコム
com2
バイクに乗りながらも話ができる代物です。
これはヘルメットに付けるだけなので簡単だし
タンデムでも並走でも使えます。
走行中に耐えがたく眠たくなったとか
おなかがすいたとか、
何かあったときにも安心。
ただ時速100km/hを超えると聞こえづらいです。
(並走の場合はもっと聞き取れないので
 高速道路ではほとんど使えないです。)


②ウォークマン
運転している彼には申し訳ないのですが
方耳はコム、方耳はウオークマンのイヤホンをつけてます。
だから高速では、かなり熱唱オンステージです

③ツーリングチームにさりげなく混ざってもらう。
何だかツーリング気分で楽しいです。
いや、ツーリングチームに入ればいいんだろうけど
人見知りというか小心者というか、テレ屋なもので・・・。
そもそもタンデムOKなところってあるんですか?
そもそもこっそり付いていく私たちって、とっても怪しい。

④車のナンバーを見る。
地味だけど遠い県のナンバーだと
「はるばる来たのかな」とか思いを馳せ
「さっきから○○県ナンバーの車は下手っぴばっかり!」
とか、そっといちゃもんをつけて
彼にコムで報告します。

まあ、だけどわたしと荷物
(わたしが1番重い荷物なんですケド)
を載せて落ちないように寝ないように
気を配りながら走ってくれる彼への感謝が1番かな。
なーんて、のろけてみたり。てへ


・・・じゃあ眠くなるなよ
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 タンデマーサイド*, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。